株式投資の方法は一つではない。

株式投資というものは安く株式を購入してそれが自分が購入した値段よりも高値になった時に株式を売却できれば、いくらのもうけであろうとも一応は勝ちです。しかし、人間とは欲深いもので、株式投資を始めたばかりの頃は少ない利益でも満足していたにもかかわらず、株式投資に慣れてくると利益をより大きくとるために株式投資に使うの金額を多くしたり、株価が少し上がったときに株式を売却せずにとことん利益をだそうと様々なことを考えそれを実践します。

 

銘柄にこだわる

 

そのようなことを実践しても、個人投資家の少ない投資資金では機関投資家の投資資金に比べると少ないので、どうしても投資リターンが見劣りすることに気がつきます。つまり、投資金額に対して何%もうけたといったことでは機関投資家も個人投資家も同じくらいの成績だとしても、投資資金が個人投資家と機関投資家とは大きな違いがあるので、利益の額が違うという事実を知ると個人投資家は愕然としてしまいます。

 

そのため、資金力の乏しい個人投資家はハイリスクでもあるが、ハイリターンになる銘柄に投資先を変更しなければならないことに気づくのです。しかし、ただボラティリティが大きいだけの財務体質がよく分からない銘柄に投資するのはリスクばかり高くなってしまうので危険です。

 

つまり、個人投資家が投資先として選ぶ銘柄というのはボラティリティが大いけれども会社の財務体質には問題がない銘柄を選ばなければならないのです。このような銘柄というのは、ジャスダックといった新興市場に上場されている銘柄がほとんどなのです。新興市場銘柄と聞くと多くの人は歴史の浅い会社なので財務体質もよくないのではないかと思われるかもしれません。しかし、実際はそのようなことはなく、財務体質のいい銘柄も多く株式上場されているのです。
このような新興市場に上場されている銘柄から自分がいいと思える銘柄を選んで投資すれば、機関投資家よりも優れたパフォーマンスをあげることもそれほど難しいことではないと思います。"